効率的に記憶を定着させる方法

皆さん勉強したのになかなか覚えられない、
なんてことはありませんか?
せっかく頑張ったんだから可能な限り成果は出てほしいですよね。

そこで今日は記憶の定着方法についてご紹介します。
結論から言うと、ただ復習していくだけなんですが、
しかるべきタイミングで学習することによって、
物事を効率的に覚えることができますよ。

基本的に人間は一度学習しても、
それだけでは忘れていくようにできています。
悲しいですね。

皆さん「エビングハウスの忘却曲線」というものをご存知でしょうか。
ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの発表したもので、
無意味な音節を記憶し、時間と共にどれだけ忘れるかを数値化したものです。

図を見て頂くと分かりますが、
下記のように時間とともに記憶は失われていきます。
20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる

20分後に42%っていうのは結構衝撃的ですね!
では出来る限り忘れないように、
記憶を定着させるためにはどうすればよいでしょうか。
カナダのウォータールー大学の研究結果が研究した結果は下記の通りです。


この図の黒い線は自分の記憶です。
まず勉強して何かを覚えました。
この時点では記憶は100%となります。

このまま復習しないでいると、時間の経過とともに黒い線のようにどんどんと忘れてしまいます。
そこで黄色い線のように工夫します。
まず、学習した後24時間以内に10分間の復習をすることで、
記憶率は100%に戻ります。
そして、次回の復習は1週間以内にやると、5分程度の勉強で再び100%に戻ります。そして、次は1か月以内に2~4分復習すれば、また記憶が戻ります。

上記からまとめると、
記憶の定着に必要なのは学習の頻度>学習時間であるといえますね。

みなさんも下記のタイミングを目安に復習を行い、
効率的に覚えていきましょう!

1日以内に10分
1週間以内に5分
1か月以内に2~4分

それでは〜

最新情報をチェックしよう!